ブログ

HOMEクリニックからのお知らせ > 睡眠のお話①
2019年3月7日

睡眠のお話①

カテゴリー:スタッフブログ

歯科医師の小林です。

雨が続きますね~(;´Д`)変な気候ですから風邪引かないように注意しましょう!


さて、以前ブログでもお話した通り『睡眠のお話』をしていこうと思います。

歯科に関わることから、普段当たり前のようにとっている睡眠の細かい所をちょこちょこ

お話していきたいと思います。

一回目は歯科とは関りが深い『睡眠時無呼吸症候群』についてです。

時々ニュースでも取り上げられますが、どのくらいの患者さんがいると思いますか??

実は日本では『500万人』くらいいると言われています。結構多いですよね(;´Д`)

しかし、実際に治療を受けている患者さんは『2万人』くらいと言われています。

なんと0.4%!少ないと思いませんか( ゚Д゚)??

どうしてだと思いますか??その理由としては、

・自覚がない

・自覚があっても、忙しくてついそのままにしてしまった

・治療始めてはみたが、途中で行かなくなってしまった

など色々あります。

しかし、放置してしまうことは日中の眠気から命に関わる重篤な病気の原因に

なってしまうなど、様々なリスクをそのままにしてしまうことになります。

有名なところだと電車の居眠り事件や、最近だとバスの運転手さんの事件もありましたね。

ニュースになっていないだけでもっとあるかもしれません・・・。

無呼吸になりやすい人のイメージとして、よく『太っている人がなりやすい』みたいな

イメージが持たれていますがそんなことはありません。

『生まれ持った骨格』『筋肉量』『加齢的なもの』など原因はいっぱいあります。

つまり『誰にでも起こりうる』ということです。

小さなお子さんですらなる可能性があるのです。

歯科の領域では、医科の先生から紹介状を書いていただき、マウスピースを作る

ことで改善の手助けをすることができます。

しかし、軽度の場合どうしても病院から遠ざかってしまう方が多いのが現実です・・・。

今の世の中仕事が忙しく、睡眠時間が短くなり、就寝時刻も不規則という方は多いと

思います。その上、

・気づかないうちに無呼吸になっていた

・気づいていたけど支障がないからそのままにしていた

なんてことが起こると、ただでさえ短い睡眠中ですら無呼吸のために体に大きな

負担がかかってしまうことにもなりかねません。

・ニュースで見たけど自分はどうなんだろう?

・最近日中の眠気がひどいと感じる

・家族にいびきがすごいと指摘された

きっかけ・理由は何でもいいと思います。相談してみなければやはり始まりません(;´Д`)

検診にいらしていただいたときにご相談いただければ、詳しい事お話しできますし、

検査を受けていただける病院(当院と連携している)をご紹介することもできます。

さらに認知度が上がり、歯科でもどんどん相談していただけるような環境が

整ってくれればいいなと常に考えております。







最新記事
    カテゴリ
    フェイスブックページ

    ↑